ゼロ年代の亡霊

ゼロ年代口調を抑えきれない ※技術力要素はありません

W3U4のdropがLogicoolのUnifyingレシーバで治る話

うちでは録画にPX-W3U4を使っている。

本当は昔、PT3を使っていたのだが、
一度録画廃人をやめて、「アニメは全部配信で見る」という方針に切り替えた際、
売り払ってしまったのだった。
一晩中パソコンをつけっぱなしにするので、電気代とかが猛烈にかかるし、
TSファイルのエンコードというのはこれがめっちゃめんどくさいからでもある。

だが、配信が必ずしも最新ではないこととか、配信を見るのが面倒だとか、
とにかくそれまで構築していた
「ジャンル:アニメは種類とチャンネルを問わず全部録画」
しておいて、
「HDDにたまっているのを片っ端から見る」
という(かれこれHDUSがTSを抜けるようになって以来10年近く続けていた)スタイルを崩してしまい、
結果的にアニメを全然見なくなる、見たいアニメも見るのにストレスがたまるという事態になり、
再び回帰することになったのだった。

今はW3U4を4台、IntelのNUCにぶら下げている。

(こういう感じの。)

正直に申し上げると、W3U4は本当にひどい
安定性が全然ないし、DropもScrambleも多すぎる。
PT3だけで運用していた頃は、DropもScrambleも一ヶ月に2~3見るか見ないかという程度だったのに、
W3U4は毎日毎日毎日毎日Drop and Scrambleである。
PLEXは猛省しろ!

……と、最初に一発説教かましておいたところで本題だが、
W3U4の録画が、先日のWindows Updateを機におかしくなってしまった。

よりによって日曜深夜のアニメ録画が集中しているときに再起動かましやがったからだ(MSめ!コロス!*1)。

以来ログが、
「番組中に録画情報を確認できませんでした」
こればっかりである。
見てみると、どうもデバイスの認識がおかしくなっているらしい。

とにかく紆余曲折あったが、USBケーブルを差し直してなんとか認識が回復した。
ところが今度はDrop祭りである。

  • 地デジ・BS/CS問わず発生する
  • 同じチャンネルでもうまくいったりいかなかったりする
  • 立て込んでいるときに集中して発生

という、障害としては最もムカつく部類のものである。

ところがこの障害は初めて起こったわけではない
この録画鯖立てて以来の問題で、しかし一時的に解決させていたのだ。

その方法はなんと、
USB端子にLogicoolのUnifyingレシーバを差し込む
ことである。

IntelのNUCにはUSB3.0ポートが4つある。
そのうち3つをチューナーで埋めて、1つをUSB3.0ハブにする。
そのハブに1つチューナーを指し、ハブの一番端っこのポートにUnifyingレシーバを差し込むのだ。

泣き叫んでいた子供がまるでスイッチを落としたかのように黙る。

一秒間に10も20もDropしていたのに、Unifyingレシーバをスッと刺した瞬間Dropがなくなるのだ。

奇妙、およそ奇妙としか言いようがない。
だが、W3U4から送られている信号があまりよろしいものでなく、
それをUnifyingレシーバを入れると吸収(??)されるとか、
あるいはUnifyingレシーバの発する電波が良い具合に何かに干渉して、
Unifyingレシーバが何らかのアッテネータとして機能している*2、とか、
色々考えられるのは考えられる。
考えられるが……こんなのあんまりだ。

W3U4、とにかくひどいデバイスだ。こんなもの、こんなもの使いたくない。
使いたくないんだけどなあ……。

W3U4の複数差しで、Dropに困っておられる方、Unifyingレシーバでも刺してみたらどうですか。

*1:アクティブ時間の設定を怠っていたのが悪いのである。

*2:それでもブースターをかまさなければいけない事情がある。minasesango.hatenablog.comを参照のこと。