ゼロ年代の亡霊

ゼロ年代口調を抑えきれない ※技術力要素はありません

平成最後のThinkPad s30 その2 ~魂心篇~

s30を手に入れてまずやらないといけないことは、
OSのインストール
である。

デフォルトのWindows 2000は使うに堪えないし、
Windows 7もほぼインストール不可とみてよいからだ。

~HDD換装~

とりあえずHDDという回転するモノは時代後れであるからして排除する。
メインマシンにブルーレイドライブついてんじゃんとかは言わない。それは常時回転してないからいいのだ。

IDE→mSATA変換基板で無理矢理ゼロスピンドル化する。

弟者「そのゼロスピンドルって言葉もとんと聞かなくなったねぇ」
わし「そうじゃな。HDDだけが搭載のPCは1スピンドル光学ドライブがついていたら2スピンドルMacBook Air光学ドライブを取り去ったとき、誰もがビックリしたものじゃ」

~OSインストール FreeBSD篇~

FreeBSDをCD-ROMに焼いてCDドライブにイン。
ちなみにThinkPad s30TEACのCD-ROMドライブでないとブートしない
当然のことだがUSBメモリからのブートなど絶対不可であるので注意しよう*1*2
純正品はIBM印だがTEACOEM品だ。多分な。
もちろんのことだが私はすでにs30のためだけにTEACのCD-ROMドライブを持っている。がしかし、せっかくなのでミラージュブラックのCDドライブで接続。

ウィーン……

おお、USB1.1だ。遅い*3

(待つこと数分間)

わし「むっ……IOエラーか」
弟者「いらっしゃーい!」

NetBSD篇~

FreeBSDがダメならNetBSDだ。

弟者「起動しませんねぇ」
わし「IDE→mSATA変換基板がいかんのかのう……」

Gentoo篇~

起動!!

わし「さすがわしの見込んだLinux

ちゃっちゃっとパーティションを切る。
パーティションを切るっていう作業自体十年ぶりぐらいにやったぞ。
ちゃんと32GBのSSDが見えているから、IDE→mSATAの変換自体はうまくいっているようだ。

弟者「でもこれ、Shiftキー効かないよ?」
わし「ナヌ?」

うおっ本当だ。アンダーバーも、「:」も入力できないではないか。
これでは「https://」も入力できない。

さて、どうする、折部やすな。

*1:BIOSの起動メニューに「Removable Disk」ってあるんだけど、多分FDDのことだね~。

*2:じつは不可能なわけではない。一回それを経由してDVDドライブを叩くという方法を使おうとしたことがある(失敗した)。方法は忘れたので各自調べるように。

*3:でもUSB2.0PCカードを挿したりするとCPU負荷がかかりすぎてとんでもなく重くなる。USB2.0はCPU負荷が高いのだ