ゼロ年代の亡霊

ゼロ年代口調を抑えきれない ※技術力要素はありません

平成最後のThinkPad s30 その1 ~会遇篇~

弟者より入電。

弟者「もしもし兄者?s30いらん?」
わし「弟者よ、ThinkPad s30のことであるならワシはいらぬ。すでにミラージュブラックを3台持っていて我が青春時代を回顧するにはそれで十分じゃ」
弟者「そっかー。でも今回の出物はUSキーボードなんだけどなぁ」
わし「!?」
弟者「ミラージュブラックでコレクションからの放出品らしくミラージュブラックのCD-ROMドライブもついてしかも保守用部品もあるとか」
わし「分かった。いくらじゃ」
弟者「9万1千円
わし「……キャバキャバキャバ!

そういうわけで、9万1千円Pentium3 600MHzメモリ256MB(※これがMAX!!)なマシンが転がり込んできた。

~検品~
届いたブツを弟者より査収。
おお、これは状態が良い。これだけ状態が良いのはなかなかないだろう。
USキーボードも久々に見た……っていうかUSキーボードのs30もう持ってるんだけどね。
でも15年ぐらい前にEnterキーが吹っ飛んで以来Shiftキーがそこに代わりにハメこんであるのさ。
だから本物のフル配列のUSキーボードは久々に見る。
思えば中学生の時にUSキーボード配列のs30を買ってから、変態キーボード道とThinkPad沼の両方にハマってしまったのだったなぁ。
f:id:minasesango:20190115200824j:plain
キーボードのSpaceキーがハネ返る時に若干ねっちょりする。
ゴム劣化か?と思ったけど、基盤の裏のボンド?が若干パンタグラフに支障していたようだ。
マイナスドライバーでボンドを削って終了。

f:id:minasesango:20190115200837j:plain
動作も特に問題ないようだ。
この世代のコンピュータはいろんな理由によりすでにOSが起動できなくなっていることも多い。
理由は本当にいろいろだ。だから一概にこれが原因と言い切ることも難しい。
しかし一応W2Kが起動するということは、基盤各所の状態も大丈夫ということだろう。

弟者「兄者、ところでWindows 2000で使い続けるつもりなのかい?」
わし「それは無理といふものじゃ。W2Kではネットに接続してはならぬ。末代までたたられるぞよ」

つづく。